トップへ プロフィール コレクション 星野道夫を語る ウェブストーリー ショップ
 

「2020年版卓上カレンダー」「星野道夫の旅展 商品」販売のお知らせ

2020年版 星野道夫卓上カレンダーの販売を開始しました。
また、全国巡回写真展「没後20年 特別展 星野道夫の旅」(2016~2018年)で販売していたポストカード、クリアファイルなどの商品も販売を開始しました。

http://michio-hoshino.com/shop.html

*2020年版壁掛カレンダーの販売はございません。


山と渓谷12月号 2020年版星野道夫ミニ壁掛けカレンダー(山と渓谷社)

2019年11月15日発売の「山と渓谷12月号」に、2020年版星野道夫ミニ壁掛けカレンダー「極北の動物たち」が別冊付録として付いています。表紙を含めた13枚構成で、各月に星野道夫が撮影した写真が掲載されています。

雑誌名:山と渓谷12月号(山と渓谷社)
価格:1,000円(税別)
カレンダー仕様:W195mm×H160mm(表紙を含む13枚構成)

山と渓谷社ホームページ:https://www.yamakei.co.jp/products/2819901016.html


地球交響曲第三番上映会とシンポジウムのお知らせ(立教大学)

立教大学の池袋キャンパスにおいて、星野道夫が出演したドキュメンタリー映画「地球交響曲第三番」の上映会と、「星野道夫とガイアの未来」をテーマにしたシンポジウムが開催されます。シンポジウムの内容は朗読、星空案内、オーロラ・コンサートとなっています。入場は無料です。詳細は下記をご覧下さい。

日時:2019年11月10日(日)14時~17時(13時半開場)
場所:立教大学池袋キャンパス 11号館 AB01教室
   〒171-8501東京都豊島区西池袋3-34-1
   https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/
講師:榎木孝明氏(映画俳優)
   高橋真理子(宙先案内人)
   小林真人(作曲家・ピアニスト)
料金:無料(申込不要)
主催:立教大学ウェルネス研究所
問い合わせ先:立教大学教授 濁川孝志氏 E-mail:nigo@rikkyo.ac.jp


朗読舞台 悠久の自然アラスカ 東京公演2019(東京都・杉並区)

磯部弘さんの朗読舞台「悠久の自然アラスカ 東京公演2019」が、杉並区の座・高円寺2で開催されます。星野道夫の撮影した写真をスクリーンに投影しながら磯部弘さんが星野道夫のエッセイを朗読する舞台で、音楽は中島まさるさんのオリジナル音楽です。詳細は下記をご覧下さい。

悠久の自然アラスカ 公式ホームページより
この企画は星野道夫の写真を映し出しながら、星野道夫が残した言葉を紡ぐように語り、中島まさるのオリジナル音楽と共に、観客の皆様をアラスカへの想像力の旅へと誘います。語りの担当は磯部弘。ドキュメンタリーナレーターのトップランナーの1人であり、心を伝える語り手として、数多くの作品で活躍しています。『悠久の自然 アラスカ』は、星野道夫の自然観、人間観に影響を受けた磯部弘が企画・構成・演出した作品です。2016年の東京初演を皮切りに、市川、スイス・ジュネーブ(フランス語字幕版)、札幌、と毎年公演を重ねてきました。星野道夫の写真と言葉は、世代や国を超え様々なメッセージと感動を届け続けています。現在、英語字幕版の制作に取り掛かり、更なる海外公演を目指しています。

開演日時:2019年10月19日(土) 本編上演時間:約90分
第一部 13:00開場/13:30開演
第二部 16:30開場/17:00開演
*第一部には星野直子がトークゲストとして出演します。(第一部のみ)
会場:座・高円寺2(杉並区立杉並芸術会館)〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2
入場料:全席自由
一般 当日 3500円 前売り 3300円
中学生・高校生・大学生・専門学生 当日 2400円 前売り 2200円
小学生 当日 1300円 前売り 1100円

チケットのご購入・詳細に付いては下記「悠久の自然アラスカ」公式ホームページをご覧下さい。
http://www.airplanelabel.com/alaska2/


千葉県立中央博物館 開館30周年記念 企画展「ほにゅうるい」(千葉県)

千葉県立中央博物館において企画展「ほにゅうるい」が開催されます。期中は会場の一部において10枚程度の星野道夫ミニ写真展が開催され、7月15日には星野直子のトークショーもあります。ミュージアムショップにおいては星野道夫のポストカードやクリアファイル等、星野道夫関連グッズが販売されます。
トークショー等の詳細に付いては千葉県立中央博物館のホームページをご覧下さい。

以下、千葉県立中央博物館のホームページより
令和元年度の企画展のテーマは「ほ乳類の多様性」。身近な動物たち、動物園の人気者、ちょっと変わった珍獣まで、世界・日本・千葉県に生息する様々なほ乳類のはく製やホネを展示し、ほ乳類のかたちの不思議、暮らし方を紹介します。くわえて、子どもも大人も楽しめるさわれる模型や、千葉県のほ乳類の絶滅危惧種や外来種、そしてほ乳類研究の最新情報もお伝えします。

期間:2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)
会期中の休館日:7月16日、9月2日、9月9日、9月17日
時間:9時~16時半(入場は16時まで)
入場料:一般500円(400円) 高校生・大学生250円(200円)
    中学生以下・65歳以上の方・障害者手帳等をお持ちの方は無料
    ※( )内は20名以上の団体料金
会場:千葉県立中央博物館 第1企画展示室
        〒260-8682 千葉県千葉市中央区青葉町955-2 TEL:043-265-3111
千葉県立中央博物館ホームページ:
http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/contents/1553834800397/index.html


「旅をする本」プロジェクトのご案内

2016年にNHK BSプレミアムで放送された番組「星野道夫没後20年゛旅をする本゛の物語」にヒントを得て、「旅をする本」プロジェクトが始まりました。このプロジェクトは星野道夫の著書「旅をする木」を人から人へと読み継がれるように旅をさせ、読んだ方の感想や、その本の軌跡をネット上で閲覧できるという内容です。

これは島根県にある今井美術館の母体となる今井産業の創業90年記念イベントとして企画されたもので、2017年に「星野道夫の旅」展を開催したことがご縁となり、星野道夫事務所も協力することになりました。2018年12月より、今井美術館、星野道夫にゆかりのある方々に、創業90年にちなんだ90冊の「旅をする木」をお配りし、プロジェクトをスタートしました。

現在は一般の方も参加可能になり、最初の90冊以外の「旅をする木」を旅立たせることができるようになっています。お手元にあるもの、もしくは新しく購入いただいた「旅をする木」を専用サイトで登録し、読後にお知り合いに本を渡すことで、ご自身がお持ちの「旅をする木」を旅立たせることができます。また、お手元に「旅をする木」が届いた際には、是非「旅をする木」をお読みいただき、感想をサイトに登録し、本を次の方へと託していただけますと幸いです。
詳細は下記の「旅をする本」プロジェクト公式サイトをご覧下さい。

「旅をする本」プロジェクト公式サイト: https://tabiwosuruhon.com/

「旅をする本」公式Facebookページ: https://www.facebook.com/旅をする本-2232211620365502/

■「旅をする本プロジェクト」企画制作チーム
企画・運営:今井美術館 https://www.imai-art.jp/
協力:星野道夫事務所 http://www.michio-hoshino.com/
協力:荒木則行(荒木写真事務所) http://photoaraki.com/
Webサイト企画・制作:株式会社アクト http://www.actad.jp/

*「旅をする木」文庫本プレゼントキャンペーン!
2019年5月10日~7月31日まで、「旅をする木」プレゼントキャンペーンを開催中です。
詳細は今井美術館ホームページ内にあるキャンペーンページをご覧下さい。
キャンペーンページ: https://www.imai-art.jp/2019/04/19/「旅をする木」文庫本プレゼントキャンペーン!


DVD発売情報「星野道夫のいた風景 ~生きもの地球紀行 白夜の北極圏 アラスカの短い夏~」

星野道夫が出演し1992年に放送された生きもの地球紀行の映像に加えて、NHKで発見された星野道夫の未発表映像を収録したDVDが発売されました。詳細はNHKのホームページをご覧下さい。

商品名:NHK DVD「星野道夫のいた風景
生きもの地球紀行 白夜の北極圏 アラスカの短い夏」
仕様:DVD 1枚
価格:4,700円(税抜)
発売日:2018年8月24日
発行・販売元:NHKエンタープライズ

【本編】
生きもの地球紀行 白夜の北極圏 アラスカの短い夏 氷海にセイウチが牙をむく(44分/1992年9月28日 NHK総合にて放送)
1992年当時、アラスカに住んでいた星野道夫が、NHK取材班に協力した番組。星野が氷河やカリブーを撮影する様子や、インタビュー映像も交えながら、アラスカの自然や人々の暮らしを紹介している。

【特典】
(1)星野道夫×NHK取材班アラスカ撮影記録[未発表映像 約23分]
1992年、星野とNHK取材班がカリブーの撮影をしたときの記録映像。星野の日記をNHKに残されていた貴重な未放送映像でたどる。星野と共にこの映像を撮影したディレクター(当時)の村田真一氏と、作家で星野道夫の写真集の担当編集者だった松家仁之氏の対談によるオーディオ・コメンタリー付き。
(2)星野道夫コメンタリー[未発表映像 約29分]
本編の「生きもの地球紀行」制作時、ロケで撮影した映像をモニターで見ながら解説する星野の姿を、記録用として撮影していた。その貴重な未放送映像の初公開。
(3)「趣味百科 近未来写真術 アラスカに魅せられて」(約29分)
篠山紀信氏が星野道夫の写真撮影についてインタビューした1990年5月29日放送の番組。

【封入ブックレット】
星野自身が当時記した撮影日記や、DVD化によせての関係者による寄稿、インタビュー原稿などで構成予定。

NHK商品ホームページ:http://www.nhk-ep.com/products/detail/h23180AA


テレビ番組情報 「父と子のアラスカ~星野道夫 生命(いのち)の旅」(再放送未定)

星野道夫の息子である星野翔馬が、父親がお世話になった人達に話を聞きながらアラスカを旅します。(2018年1月11日にBS1で放送された番組の再放送です)

番組名:父と子のアラスカ ~星野道夫 生命(いのち)の旅
放送局:NHK BS1
放送日時:再放送未定
語り:蒼井優
番組ホームページ:https://www.nhk.or.jp/kobe/news/alaska.html
番組あらすじ(4分間動画):https://www.nhk.or.jp/d-garage-mov/movie/41-21.html


森と氷河と鯨 文庫版(文藝春秋)

世界文化社発行の「森と氷河と鯨」が、文藝春秋の文春文庫として再発行されました。
以下、文藝春秋のホームページより

星野道夫が遺した、魂の旅の記録。

「ぼくは、深い森と氷河に覆われた太古の昔と何も変わらぬこの世界を、神話の時代に生きた人々と同じ視線で旅をしてみたかった」――

アラスカに伝わる〝ワタリガラスの神話〟に惹かれて始まった旅は、1人のインディアンとの出会いによって、思いもよらない方向へ導かれ、それはやがてアラスカからアジアへの、遠大な帰郷の航海となる。

未完に終わった雑誌連載に、2回のシベリア取材の際に記された著者の日誌を加え、1冊にまとめたものが、没後21年を経て、初めての文庫化。
カラー写真満載。 解説・池澤夏樹

発行:株式会社 文藝春秋
価格:1,026円(税込)
ISBN:978-4-16-790893-5
文藝春秋ホームページ:http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167908935


どうぶつのくに.net 連載企画「星野道夫とどうぶつたち」

日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」の公式Webサイトにおいて、星野道夫の写真を紹介する連載企画がスタートしました。初回のグリズリー、2回目のザトウクジラ、3回目のムース、4回目の渡り鳥に続き、今回は身近な自然で暮らす動物たちを紹介しています。定期的に更新予定で、写真解説は星野直子です。

星野直子×『どうぶつのくに』スペシャル連載「星野道夫とどうぶつたち」
どうぶつのくに.net:http://www.doubutsu-no-kuni.net/
企画ページ:http://www.doubutsu-no-kuni.net/?cat=51


別冊太陽 星野道夫(平凡社)

平凡社発行の別冊太陽で、星野道夫特集号が発売されます。
(以下、別冊太陽のホームページより)

アラスカの自然や人々を撮り続けた写真家の足跡を85点の写真、取材ノート、直筆原稿、アルバムや青春時代の未発表書簡などで辿る。

書名:別冊太陽 日本のこころ242 星野道夫
出版社名:平凡社
発売日:2016年8月26日
価格:2,400円(税別)
ISBN:9784582922424
雑誌コード:6620123
平凡社:別冊太陽ホームページ:http://www.heibonsha.co.jp/book/b239643.html


新刊情報 星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて

PHP研究所から「星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて」が発売されました。
この本はPHP研究所の心のノンフィクションシリーズの中の1冊で、小学校高学年・中学生向けとなっています。著者の国松氏がたくさんの関係者を取材、調査して書かれた星野道夫の伝記的な本で、星野の生い立ちから晩年に至るまでを読むことが出来ます。
(この本は2003年5月にポプラ社から刊行された『星野道夫物語』の文章を全面的に書き改め、掲載写真も大きく見直し、再編集してまとめられたものです)

書名:星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて
著者:国松俊英
発行:株式会社PHP研究所
発行日:2016年2月23日
価格:1,400円(税別)
ISBN: 978-4-569-78536-3
PHP研究所ホームページ≫


学校向け写真展はしばらくお休みさせて頂きます。

2015年の実施概要はこちら≫


オリジナル写真集発売のお知らせ(株式会社クレヴィス)

悠久の時を旅するフジフィルムスクエアで開催された写真展を記念し、写真展の図録的な意味合いを込めたオリジナル写真集が発売されました。星野がアラスカに出会ってから亡くなるまでの、足跡が辿れる1冊となっています。多数の写真とエッセイが収録されており、一部は未発表作品です。
詳細は下記の通りです。

タイトル:悠久の時を旅する
判型:B5判
ページ数:224P、オールカラー
価格:2,520円(税込)
ISBN:9784904845257
発行:株式会社クレヴィス


文庫本情報「魔法のことば 自然と旅を語る」(文春文庫)

魔法のことば2003年にスイッチパブリッシングから発売された「魔法のことば」が文藝春秋から文庫化されて発売されます。星野道夫が各地で行った講演をまとめた1冊です。スイッチパブリッシングのものと内容は同じですが、一部の写真が変更されています。

タイトル:魔法のことば 自然と旅を語る
出版社:文藝春秋
発売予定日:2010年12月10日
価格:760円(税込)
ISBN:978-4-16-751504-1


新刊情報 「アラスカの詩」全3巻(新日本出版社)

新日本出版社より「アラスカの詩」全3巻が刊行されました。
今までに出版されたエッセイを、中・高生をはじめとした子供たちにより広く読んでもらえるようルビ付・大きい活字で編集しました。
各巻には3つのテーマを設定し、それぞれにふさわしい文章が写真とともに再構成されています。

書名:第1巻「アラスカの詩 めぐる季節の物語」
    ISBN:978-4-406-05390-7
   第2巻「アラスカの詩 極北に生きる人びと」
    ISBN:978-4-406-05417-1
   第3巻「アラスカの詩 夢を追う人」(1月28日発売予定)
    ISBN:978-4-406-05421-8
価格:各巻とも1,575円(税込)
発行:新日本出版社 http://www.shinnihon-net.co.jp/


写真集「風のような物語(小学館)」新装版発売のお知らせ

1991年に小学館から発売された風のような物語。この本がソフトカバーの新装版になり、お求めやすい価格で新発売されました。写真も文章も旧版と同じですが、表紙写真が変更となったほか、巻末に星野直子の言葉を追加しました。詳細は下記の通りです。

書名:「新装版 Alaska 風のような物語」
発行:小学館
価格:3,360円(税込)
ISBN:978-4-09-682054-4


アフリカ旅日記 ゴンベの森へ 文庫化のお知らせ(メディアファクトリー)

星野道夫にとっての最初で最後のアフリカ。1997年に写真集GOMBEとして発売され、1999年に単行本として刊行されたアフリカ旅日記が、文庫化して発売されました。
掲載写真は新たに選定し再構成され、巻末には単行本化の際にカットされたジェーン・グドール氏の「ミチオがそこにいるだけで」を再収録しています。

書名:アフリカ旅日記 ゴンベの森へ
発行:メディアファクトリー
価格:620円(税込)
ISBN:978-4-8401-3498-9


写真集発売情報「CARIBOU カリブー 極北の旅人」(新潮社)

CARIBOU カリブー 極北の旅人「写真家が一冊の本をつくるために生きているのなら、
僕の場合はこの一冊に違いない」 ―星野道夫―

星野道夫はカリブー撮影時の撮影日誌にこんな言葉をのこしていました。
星野道夫にとって最大の撮影テーマであったカリブー。
没後13年を経て、カリブーの写真集が新潮社から発売されます。
全てのカットから厳選した多数の未発表作品に代表作を加え、
カリブー撮影時に書かれた未発表の撮影日誌を初収録しました。
他にもカリブーに関するトヨタ財団への報告書も収録しています。

星野直子からのメッセージ
夫はカリブーの壮大な季節移動を追い、そしてカリブーに深く関わっている人々の暮らしを見守りながら、生涯記録し続けました。
その長年の想いのこもった写真集をご覧いただけますと幸いです。

書名:CARIBOU カリブー 極北の旅人
発行:新潮社
価格:3,990円(税込)
ISBN:978-4-10-395604-4
装丁:B5版横160頁
発売日:2009年8月25日
新潮社ホームページ:http://www.shinchosha.co.jp/



文庫本情報 NHK「あの人に会いたい」(新潮文庫)

NHKに残る膨大な映像音声資料から、20世紀の歴史に残る人々の言葉を今によみがえらせる人気番組「あの人に会いたい」。この番組が新潮文庫になりました。過去に放送された多くの放送分の中から、星野道夫の放送分も収録されています。

書名:あの人に会いたい「NHKあの人に会いたい」刊行委員会編
発行元:新潮社(新潮文庫)
価格:700円(税込)
ISBN :978-4-10-136271-7
新潮社ホームページhttp://www.shinchosha.co.jp/book/136271/



新刊情報 『終わりのない旅 星野道夫インタヴュー 』(2006年8月17日発売)
『旅をする木』の編集者としても長年にわたって星野道夫を支えた一人である湯川豊氏。
湯川氏による星野道夫へのインタヴューや星野道夫論『星野道夫、その旅の軌跡』、池澤夏樹氏の書き下ろし原稿『星野道夫の10年』などが収録された『終わりのない旅 星野道夫インタヴュー~原野に生命の川が流れる~』が発売されます。
『終わりのない旅 星野道夫インタヴュー~原野に生命の川が流れる~ 』(1575円税込)
発売:スイッチ・パブリッシング www.switch-pub.co.jp


トップへ プロフィール コレクション 星野道夫を語る ウェブストーリー ショップ
このページのトップへ

このサイトに掲載されている画像及び文章の著作権は全て星野道夫事務所に帰属します。
画像等の無断使用は固くお断りします。お問い合わせはこちらからお願いいたします。

© NaokoHoshino MichioHoshinoOffice All rights reserved.